2020年1月28日火曜日

議会運営委員会 行政視察

先週も愛知県岩倉市と京都府福知山市に議会運営委員会の行政視察に行きました。



議会改革について、先進的な取り組みをされている両市議会の皆さんの取り組みを聞くことができました。

両市議会ともに、市民に身近で開かれた議会にするために、積極的に、柔軟に、改革に取り組んでいるなと感じました。また、市民に対して議会側が出向き意見を聞く姿勢、そして、会派や党派が違っても、議員間での議論や合意形成をしっかり図っているという印象を受けました。

今後の伊勢原市議会の運営にも活かしていきたいと思います。

また、福知山市は日本共産党会派が第二会派で、議会運営委員会や議会改革の委員長を何年も続け、議会改革を進めてきたということで、いろんな意味で凄いなと感じました!



総務常任委員会 行政視察

昨日、今日で総務常任委員会の行政視察のため、愛知県豊川市と江南市に行きました。


豊川市では防災ドローンの取り組み。

江南市では乳幼児親子避難所の取り組みについてお話を聞く事ができました。




防災ドローンは、災害時に人が入れないような、現場の確認や状況の把握をするために市長の方針により取り入れられたようです。

ドローンについては、まだまだ現実に制度が追いついていないという印象で、今後、制度も含めて整備されていくんだろうと感じました。また、防災以外でも市の広報やPR等にも活用されているようでした。







乳幼児親子の避難所については、大学と協定を結び、災害時に乳幼児のいる家族が避難できる場所を提供しているというものでした。災害弱者として、乳幼児のいる家庭が安心して過ごせる環境整備の必要性は高いと思いますし、そうした環境が本来、どこの避難所でも整備される事が大切だと感じました。

また、災害時に、現実に親に何かあったときの子どもの預け先、食事の提供などは課題としてあることの気づきにもなりました。

2020年1月23日木曜日

資本主義が善より害悪をもたらす

資本主義が善より害悪をもたらすと答えた人が半数を超えていた!



同時に今後5年間で暮らし向きが良くなるとの回答が低いのは、資本主義が発達した国であるとの結果。

しかし、日本は資本主義が害悪をもたらしているとは思っていないようです。
そもそも、資本主義についての認識や、一部の人に搾取されている事実と、自分たちの暮らしに影響を受けているという事とが恐らく繋がっていない結果なのかな。

世界の流れは資本主義では決して終わらないということの表れかな。

経済格差が広がる原因

経済格差が広がる原因は、富裕層や大企業への優遇税制やジェンダー不平等が原因であると指摘している。



日本でも、格差が広がる方向にどんどん進んでいる。

まさに、日本共産党が以前から言っていた事そのものだ。

話は変わるが、最近、自民党議員の方が良く、SDGsのバッジをつけているのを見るが、全ての項目でジェンダー平等を実現する、それを推進していくということを理解をされた上で付けているのかな?と最近疑問に思います。

特に国会議員方の発言を見ている限りでは、そういう感じではないように見えてしまいます。

2019年12月20日金曜日

駅頭宣伝

今日で12月議会が閉会しました。

最終日、2件の陳情について賛成討論に立ちました。


夕方は伊勢原駅南口で宮脇議員や皆さんと宣伝をしました。

今日は日本共産党の政策を訴えるとともに、安倍首相主催の「桜を見る会」についてもチラシを配布し、シールアンケートも行いました。1時間で、「許せない」35人、「容認」2人という結果になりました。




今日、私が伝えたい訴えとして、「ジェンダー平等」についても話をしました。

女性が置かれてきた状況、性的マイノリティについてなど、学生、子連れのお母さん、女性の方々の視線を感じ、頷いてくれている方など、共感してくれていることが伝わってきました。


性差関係なく、一人ひとり誰もが自分の能力を最大限発揮できる社会の実現に私も微力ながら頑張ります!

2019年12月9日月曜日

毎年恒例の後援会餅つき

お昼からは、毎年恒例の日本共産党北西部後援会の餅つきでした。



天気も抜群!!



宮脇議員も参加し、全体で40名近くが集まり、子どもたちもたくさん参加。



楽しいひと時を過ごしました!

誰でもウェルカムですので、来年参加したい方は予約承ります(笑)

#伊勢原市
#日本共産党
#餅つき
#後援会

2019年12月6日金曜日

一般職員と特別職と議員の給与引き上げの一括提案には反対です

12月議会が始まっています。


私事で、今議会、一般質問の準備を進めていましたが、伊勢原市議会では議案が出される告示日の前日の正午までに、一般質問をするかどうかを議会事務局に伝えなければならないのですが、それをすっかり忘れてしまい、一般質問ができなくなってしまいました。年4回しかない機会の内1回を無駄にしてしまい、市民の皆さんには本当に申し訳ない気持ちです


他市でも同じ規則になってるんでしょうか??


さて、議会初日、一般職員の給与の引き上げの議案と一括で、市長・副市長・教育長などの特別職、議員の期末手当等の引き上げが提案されました。


以前から、共産党議員団は、市民にわかりやすく、透明性を確保するために、隣の厚木市や秦野市のように、一般職員、特別職、議員の給与や報酬に関する議案は別々で提起することを求めています。


私たちは、人事院勧告による、一般職員の給与の引き上げについては、賛成するところですが、特別職や議員については、今の社会情勢や市民理解が得られているとは思わないため、反対しました。


今議会でも、私たち共産党議員団以外は、議案は一括でいいとの判断で、多数を占め、一括で出されることになりました。


議場では、私の反対討論に対し、他会派から、何と言っているのか聞こえないような声で野次もありました。

議会は議論をする場であり、野次るなら、賛成するなりの賛成討論をすれば良いわけです。しかし、それもないのが、今の伊勢原市議会です。


市民の皆さんは、こうした伊勢原市議会についてどうお考えでしょうか??